レーザーとはなんぞや?

 

「レーザー治療」
という言葉を聞いたことがありませんか?

 

「レーザー」
聞いたことはあるけど、何かよくわからない感じですよね。
ざっくりというと「特殊な光」のことです。

 

この特殊な光を使って色々な治療を行うのが
「レーザー治療」です。

当院で使っている半導体レーザー

 

「レーザー」で出来ることとしては
①痛みを減らす
②傷の治りを早くする
③皮膚の出来物を切ったり、蒸発させたりする
などがあります。

 

今日はこの中の
①痛みを減らす
ことについて、お話させてもらいます。
*②③については、また後日説明させていただきます。

 

具体的にどのような場合に使うかですが、
椎間板ヘルニアなどで、腰や背中が痛い時に使います。

 

腰や背中が痛い時に、みられる症状としては
・動きたがらない
・背中を丸める
・抱っこするときに鳴く
などがあります。

 

このようなケースで痛みを減らしたい時が
レーザーの出番です。

 

このように痛いところに、直接当てて使います。(1カ所につき2分ぐらい)

痛みが取れて、うっとり

拡大図

 

副作用は基本的にないですので、痛みを減らす治療としてお勧めです。

レーザー治療についてご興味を持たれた方は是非、当院までご相談下さい。

 

動物病院京都 西京桂 獣医師 黒島稔也