子猫とワクチン

 

「子猫を拾ったんだけど、どうすればいいの?」

 

この時期になると、このような理由で来られる方が増えます。

(今の時期は猫の出産時期なので子猫が増えます)

 

来られましたら、
まずは健康診断して、病気がないか確認します。

 

健康であることがわかれば、
病気にならないための予防スケジュールを組んでいきます。

 

猫ちゃんの予防は大きく分けて2つです。

 

① 混合ワクチン
:いろんな感染症から猫ちゃんを守るためのものです。
② フィラリア、ノミ予防
:寄生虫から猫ちゃんを守るためのものです。

 

今日は当院での「混合ワクチン」の接種スケジュールを紹介します。
(フィラリア予防は、以前ご紹介したので今回は省略します)

 

最初の年は基本的に3回接種します。

2か月齢で1回目
3か月齢で2回目
4か月齢で3回目
という感じで打っていきます。

 

ワクチンの種類ですが2種類あります。

① 3種ワクチン⇒お外へ行かない猫ちゃん
② 5種ワクチン⇒お外へ行く猫ちゃん

 3種ワクチンです

 

ワクチンを打った後は「アナフィラキシー」という
急性のアレルギーを起こす可能性があるので、
1回目、2回目の接種後は15分ほど院内で様子を見させてもらいます。

 

初年度のワクチン接種が終わった後は、
基本的に年1回のワクチン接種をオススメしています。

 

「ワクチンを打つ回数を減らしたいな~」という方には、
ワクチンの効果判定が出来る「抗体検査」という検査がオススメです。
この検査でワクチンがしっかり効いているとわかれば、
その年度のワクチン接種は不要です。

 

ここでワクチン接種にきてくれた子猫ちゃんの紹介です。
Sちゃん 3か月

2回目のワクチン接種に来られました。

 かわいいですね~ 元気にチュールを食べて帰りました

 

ワクチン接種でご不明な点があれば、是非当院までご相談下さい。
かわいい猫ちゃんのご来院お待ちしております。

 

動物病院京都 西京桂 獣医師 黒島稔也