耳がかゆい!

 

「耳がかゆい!」

 

このような訴えで来院されたワンちゃんがいます。

 

さっそく診察をしてみると、
耳の中も外も赤く、耳垢も溜まっている。

 

「外耳炎」と診断しました。

 

今日はこの「外耳炎」について説明させていただきます。

「外耳炎」とは読んで字のごとく、耳の炎症です。

 

耳が炎症を起こすことにより、痒みが発生し、
・耳をひたすら掻く
・頭をよく振る
・耳を床や壁にこすりつける
・耳が臭う
などの症状がよくみられます。

 

ひどくなると耳の奥の方にまで炎症が拡がって、
「中耳炎」や「内耳炎」を起こすこともあります。

 

「外耳炎」を起こす原因としては
・体質(アレルギー)
・寄生虫
・耳の出来物
などがあります。

 

また、垂れ耳のワンちゃんでは、耳の風通しが悪いため、
「外耳炎」を起こしやすいです。

 

さらに今のような暑く、ジメジメした季節では、
耳の中で菌が増えやすくなり、
尚更「外耳炎」を起こしやすくなります。

 

治療は、耳の中に薬を入れることで行います。

 

薬には
・家で毎日入れてもらうタイプ
・病院で1週間に1回入れるタイプ(2回で終わり)
があります。

 

病院で入れるタイプは、家では何もしなくてよいので人気です。
(楽ちんですね)

 

今回来院された、垂れ耳のT君もこの治療を行い、すっかり良くなりました。

耳の痒みでお困りの方は是非当院までご相談ください。

 

動物病院京都 西京桂 獣医師 黒島稔也