お尻が腫れてる!

 

「お尻の横が腫れている!」
「歩きにくそう」

 

との訴えで来られたワンちゃんがいます。
7歳のチワワの女の子です。

 

早速診察してみると、右側のお尻が腫れている・・・

 

触るとブヨブヨしています。
中に膿が貯まっていると判断し、「肛門嚢炎」と診断しました。

 

「肛門嚢炎」とは文字通り、「肛門嚢」の炎症です。

「肛門嚢」とは肛門の左右に1つずつあり、強烈な臭いの液体が貯まっている袋です。

 

「肛門嚢炎」が発生すると
・お尻を痛がる
・お尻を気にする
・熱が出る
などの症状が出ます。
そしてひどくなると「肛門嚢」が破裂することもあります。

 

治療は主に抗生剤を使っていきます。
腫れがひどい場合は患部を切開して、膿を外にだします。
そしてその中を洗います。

 

今回のNちゃんも腫れがひどかったので切開をして、膿を出しました。

 

緑線で囲っている部分が肛門嚢があるところです。

右側は切開しています。

 

順調であれば、1週間ぐらいで腫れが引いてくると思います。

診察後はササミを食べて満足そうでした。

 

この病気は肛門嚢液が溜まりやすい動物さんで、
起こりやすいので、
予防には定期的な「肛門嚢絞り」が有効です。

 

今回のような症状でお困りでしたら、
是非当院までご相談ください。

 

動物病院京都 西京桂 獣医師 黒島稔也