スタッフ紹介

獣医師経歴紹介

黒島 稔也 院長

経歴

1998年 徳島県立池田高校卒業
2000年 帯広畜産大学畜産学科
2001~2007年 宮崎大学獣医学科
2007~2014年 林屋動物診療室 勤務獣医/分院長
2015年 京都夜間動物救急センター勤務
2015年12月~ かつらがわ犬猫病院 院長
2018年~ 動物病院京都 西京 桂 院長

資格

獣医師国家資格
JAHA内科認定医
京都府獣医師勉強会(京都若獅子会)所属

イメージ

ご挨拶

こんにちは。 動物病院 京都 西京 桂院 院長の獣医師 黒島稔也です。
2015年に西京区にて「かつらがわ犬猫病院」を開業しましたが、この度2018年11月より名前を「動物病院 京都 西京桂院」へ変更し、動物病院京都グループの一員として加わることとなりました。普段は西京区で診察を行っておりますが、本院のメンバーと連携をとって診療を行っております。
私は、内科分野に強く興味を持っており(特に糖尿病の診断、治療)、JAHAの内科認定医*を2013年に取得しました。治療により動物が回復していく様子をみるのは非常にうれしく、この上ない喜びを感じます。その喜びを飼い主さんとともに感じるために自身の内科の経験、知識を今後も研鑽し、正しい診療を行い多くの動物を治療していけるように努力していきたいと思います。
出身地は四国の徳島県の西部です。非常に自然が豊富で周りに動物もたくさんいる環境でした。高校卒業までの18年を徳島で過ごしました。そして高校卒業後に京都で1年間浪人生活を過ごし(駿台予備校に通っていました)、さらに北海道の帯広畜産大学に1年間のみ在籍しその後宮崎大学獣医学科に合格し宮崎で6年間を過ごしました。
宮崎も大変自然が豊富で様々な自然を堪能できました。 その後京都の動物病院に就職しそのまま京都での生活は10年をこえました。 京都市は、出身地の徳島を除けば一番長く暮らし、京都が一番住みやすい街だと感じています。 今後も獣医師として獣医療を通じて京都に地域貢献していきたいと強く思っています。
犬猫ともに好きですが大学から勤務医時代はずっと猫(三毛猫、茶白、ノルウェージャンフォレストキャット)を飼っていました。実家ではずっと犬を飼っていましたので常に動物が身近にいる環境でした。 どうぞ、よろしくお願い致します。

*JAHA内科認定医とは

  1. 通算6年以上の家庭動物臨床経験。獣医師免許取得後、個人病院または大学病院で、伴侶動物を対象とした通算6年以上の臨床経験があること
  2. 認定試験申し込み時点において、「JAHA認定総合臨床医」の資格を保持していること。(2018年度の受験者まではこの項免除)
  3. 認定医(内科・外科)指定セミナー(スペシャリストセミナー)受講。指定科目のスペシャリストセミナーを8 科目以上受講していること
  4. 学会発表または論文発表。認定試験申し込み時点から過去3年以内に、 A.学会発表1、B.論文発表についてどちらか1回以上の発表実績があること

以上の条件を満たした上で内科認定医試験を合格したものに与えられる資格です。

坂口 邦彦 獣医師

経歴

2007年3月 大阪府立大学 農学部 獣医学科 卒業
2019年4月〜2020年3月 動物病院 京都 本院 副院長
2020年4月〜2021年3月 動物病院 京都 本院 院長

資格

獣医師国家資格
比較眼科学会所属

イメージ

ご挨拶

両親が過去に京都の洛西に住んでいたということもあり、京都に縁を感じています。
動物病院は病気の時に来るというイメージがありますが、『予防』や『健診』『しつけ』などでもお越しいただくことが多く、気軽にお越しいただき、相談のできる場所でありたいと思っています。動物病院の一員として、動物はもちろんのこと、飼い主様、当院で働くスタッフのみんさなが幸せになれるように誠心誠意をもって行っていきたいとと思っております。