内科

各疾患詳細

内分泌疾患

1. 糖尿病

① 症状
水を飲む量が多い、尿の量が多い、よく食べるけど痩せてきた、目が白い(犬)、踵をつけた変な歩き方をする(猫)などがみられます。
② 好発犬種猫種
高齢の小型犬・猫、若~中年齢の肥満猫でよくみられます。
③ 原因
膵炎、肥満、ホルモンの病気、ステロイドの使いすぎでインスリンが不足し血糖値が上がります。
④ 治療
インスリン注射、食事療法を行います。治療により血糖値が下がり症状が落ち着きます。

2. 副腎皮質機能亢進症

① 症状
水を飲む量が多い、尿の量が多い、食欲がありすぎる、腹がでている、皮膚の脱毛がみられる、筋肉が減ってあまり動かなくなった、呼吸があらいなどがみられます。
② 好発犬種猫種
高齢の小型犬でよくみられます。
③ 原因
脳または副腎の腫瘍が原因で副腎からホルモンが出すぎます。
④ 治療
副腎の過剰なホルモンを抑える薬を使用します。治療により過剰な副腎ホルモンが抑えられ症状が落ち着きます。

3. 副腎皮質機能低下症

① 症状
なんとなく元気がない、なんとなく食欲がない、よく吐く、下痢しやすい、ストレスに弱く普段と違う出来事(ペットホテルに預けるなど)があると体調を崩しやすいなどがみられます。
② 好発犬種猫種
若~中年齢の小型犬でよくみられます。
③ 原因
副腎が壊されて副腎からのホルモンがあまりでなくなります。ステロイドの使いすぎで起こることもあります。
④ 治療
副腎からでるホルモンを補充します。必要な量の副腎ホルモンが補充されることにより症状が落ち着きます。

4. 甲状腺機能低下症

① 症状
なんとなく元気がない、なんとなく食欲がない、あまり食べないのに太ってきた、尻尾が脱毛している、寒さに弱いなどがみられます。
② 好発犬種猫種
若~中年齢の中~大型犬、ビーグル、シェルティー、柴犬でよくみられます。
③ 原因
甲状腺が炎症を起こしホルモンがあまりでなくなります。
④ 治療
甲状腺ホルモンを補充します。必要な量の甲状腺ホルモンが補充されることにより症状が落ち着きます。

5. 甲状腺機能亢進症

① 症状
元気、食欲がありすぎる、よく食べるけど痩せてきた、水を飲む量が多い、尿の量が多い、怒りやすくなった、吐きやすい、下痢しやすいなどがみられます。
② 好発犬種猫種
高齢の猫でよくみられます。
③ 原因
甲状腺の腫瘍が原因となり甲状腺ホルモンが出すぎます。
④ 治療
甲状腺ホルモンを抑える薬を使います。治療により過剰な甲状腺ホルモンが抑えられ症状が落ち着きます。

消化器疾患

1. 胃腸炎

① 症状
吐く、下痢をする、真っ赤な血便がでる、真っ黒なタールみたいな便が出る、ゼリー状の便がでる、何回も便がでる、食欲の低下などがみられます。
② 好発犬種猫種
猫でもみられますが犬のほうがよくみられます。柴犬、ボーダーコリーでよくみられます。
③ 原因
ストレス、食事、細菌、ウイルス、寄生虫、腫瘍、アレルギーなどいろいろな原因で起こります。
④ 治療
原因により治療は様々ですが単純なものでは整腸剤、悪玉菌をやっつける抗生剤、低脂肪で消化の良い食事で治ります。寄生虫が原因の場合は虫下しを使います。ウイルスが原因の場合は特効薬はないので点滴(水分・ミネラル補充)、抗生剤などで体調を整えます。
アレルギーが関わっている場合は過剰な免疫を抑えるような薬(ステロイド、シクロスポリン、クロラムブシルなど)を使います。治療することにより胃腸の炎症が治まり、下痢、嘔吐などの症状が治まります。

2. 犬の膵炎(急性膵炎)

① 症状
何回も吐く、食欲の低下、お腹が痛そう(触ると嫌がる、祈りの姿勢)などがみられます。
② 好発犬種猫種
ミニチュアシュナウザーなどの高脂血症を起こしやすい犬でよくみられますがどの犬種でもみられます。
③ 原因
高脂肪の食事が原因となりやすいですが食事と関係なく起こる場合もよくあります。
④ 治療
点滴(水分、ミネラル補充)、吐き気止め、痛み止め(腹部の痛みに対して)が治療の基本です。吐くのが止まり食欲が出てくれば低脂肪の食事を使います。胃腸の運動低下がみられることも多くその場合は胃腸の動きを改善する薬を使います。治りの悪い膵炎では炎症を抑えるためにステロイドを使うこともあります。治療により膵臓の炎症が治まり、症状が良くなります。

3. 猫の膵炎(慢性膵炎)

① 症状
元気、食欲の低下がよくみられます。犬と比べて吐くことはあまり多くありません。わかりにくいですが腹痛もよく起こります。
② 好発犬種猫種
シャム猫で多いといわれていますがどの猫種でもおこります。
③ 原因
腸炎や胆管肝炎と同時に起こることが多く、過剰な免疫が関わることも多いです。
④ 治療
点滴(水分、ミネラルの補充)、痛み止め(腹部の痛み)、ステロイド(炎症止め)、を行います。吐き気があれば吐き気止め、胃腸の運動低下があれば胃腸の運動を改善する薬を使います。腸炎、胆管肝炎が同時に起こっていればその治療も行います。治療により膵臓の炎症が治まり、症状が良くなります。

4. 膵外分泌不全

① 症状
下痢がずっと続く、どんどん痩せてきた、便が脂っぽいなどがみられます。
② 好発犬種猫種
若い犬(ヨーキーで多い)、高齢の猫でよくみられます。
③ 原因
若い犬では膵臓が委縮して消化酵素が出ない状態となります。高齢の猫では慢性膵炎が原因となり膵臓からの消化酵素が出なくなります。
④ 治療
消化酵素を補充することにより消化吸収が改善され下痢をしなくなります。

5. 便秘

① 症状
便が何日もでない、気張りすぎて吐く、食欲の低下などがみられます。
② 好発犬種猫種
犬より猫でよくみられます。
③ 原因
猫では水分量の不足(慢性腎臓病など)でもみられますが原因が不明(特発性巨大結腸症)のことも多いです。犬では会陰ヘルニアと(会陰部と呼ばれるお尻の横の筋肉が薄くなり腸や膀胱が飛び出てくる病気)で大腸がヘルニア孔に入り込むと起こることもあり、前立腺が大きくなっても起こります。
大腸や肛門のできものが原因となることあります。神経や筋肉の異常や血液の低カリウムによって腸の運動が低下することによって起こることもあります。
④ 治療
猫では水分補充、高線維の食事、腸の動きを良くする薬、下剤などを使います。重度の場合は外科手術を行うこともあります。原因が会陰ヘルニア、前立腺が大きい、できものがある場合はその治療を行います。治療により便がスムーズにでるようになります。

血液疾患

1. 貧血

① 症状
元気がない、食欲がない、口や鼻の粘膜が白い、呼吸があらい、すぐ疲れるなどがみられます。
② 好発犬種猫種
犬、猫ともにみられます。
③ 原因
原因はすごく様々です。出血、中毒(玉ねぎ、ネギ、アセトアミノフェンなど)、寄生虫(バベシア)、ヘモプラズマ、ウイルス(FIV、FeLV、FIP)、フィラリア、大量のノミ・マダニ、慢性的な炎症、鉄の不足、過剰な免疫による赤血球の破壊、リンの不足、血栓、慢性腎臓病、過剰なホルモン(エストロジェン)、腫瘍、肝臓病、骨髄の病気などが原因となります。
④ 治療
原因はかなり多いのでしっかりと検査を行い、原因を突き止めてそれに応じた治療を行います。輸血が必要となることもあります。代表的なものは過剰な免疫が原因で赤血球が破壊される貧血です。この貧血は重症になることが多く免疫を抑える薬(プレドニゾロン、ミコフェノール酸モフェチル、レフレノミドなど)が必要となります。治療により貧血が改善され体調が良くなります。

2. 血小板低下症

① 症状
皮膚に紫色のアザのようなものがみられます。出血しやすくなり、血が止まりにくくなります。
② 好発犬種猫種
犬でみられます。
③ 原因
過剰な免疫による血小板の破壊、骨髄の病気で血小板が造られなくなる、血栓ができる病気で血小板が使われすぎる、などが原因となり血小板数が低下します。
④ 治療
過剰な免疫が原因で血小板が破壊されている場合は免疫を抑える薬(プレドニゾロン、レフルノミド、ビンクリスチン、ミコフェノール酸モフェチルなど)を使います。骨髄の病気、血栓ができる病気であれば原因を突き止めて、その治療を行います。血小板の破壊が原因であれば治療により血小板の破壊が治まり血小板の数が回復します。
また血栓ができる病気が原因であれば原因を治療することにより血小板の消費が減り血栓が出来にくくなります。骨髄に問題がある場合は原因を突き止めて治療を行いうことにより血小板の産生が回復します。

3. 白血球低下

① 症状
免疫力が低下するのでいろいろな病原体に感染しやすくなり発熱、元気・食欲の低下などがみられます。
② 好発犬種猫種
犬でも猫でもみられます。
③ 原因
ウイルス(FIV、FeLV、パルボ、ジステンパーなど)、重度の炎症、重度の細菌感染、骨髄の病気、過剰な免疫による破壊で起こります。
④ 治療
感染の予防・治療のために抗生物質を使い、原因を突き止めて治療していきます。治療により白血球数が改善し免疫力が回復します。

泌尿生殖器疾患

1. 膀胱炎

① 症状
尿が出にくい、何回もトイレに行くが尿があまりでない、血尿がでる、尿をするとき痛そうなどがみられます。
② 好発犬種猫種
犬でもよくみられますが猫ではさらによくみられます。
③ 原因
細菌感染(犬、高齢猫)、尿石(犬、猫)、特発性(猫のストレスに関連して起こるといわれています)などが原因となります。
④ 治療
細菌感染では適切な抗生物質を使います。尿石の存在が細菌感染の原因となっていることもあるのでその場合は食事療法を行います。尿石は基本的に食事療法で治療を行いますが外科手術が必要となることもあります。
猫の特発性は痛み止め(膀胱の不快感を抑える)、点滴(水分を増やし尿中の痛みを起こす物質を薄めて出す)、ストレスを減らす、食事療法により治療を行います。治療により膀胱の炎症が治まり、尿がスムーズに出ます。

2. 慢性腎臓病

① 症状
水を飲む量が多い、尿の量が多い、痩せてきた、よく吐く、元気・食欲が落ちてきたなどがみられます。
② 好発犬種猫種
猫でよくみられますが犬でもみられます。
③ 原因
主に加齢による腎機能の低下により起こります。若くても腎炎の進行、急性腎臓病の後遺症や生まれつきの異常(猫の多発性嚢胞腎など)により発症することもあります。
④ 治療
一度低下した腎機能は元に戻りませんが、今残っている腎臓を長持ちさせるために腎臓の負担を下げる治療を行います。点滴(水分、ミネラル補充)、食事療法(低タンパク、低リン、低ナトリウム)、ダルボポエチン(腎臓病が原因で起こる貧血治療のためにホルモン剤)、ベナプロストナトリウム(腎臓病の進行を遅くする)、などで治療を行います。
高血圧、タンパク尿があればその治療も行います。また水分をたくさんとる工夫もしてもらいます(缶詰に変えるなど)。整腸剤や吸着剤などのサプリメントを使うこともあります。治療により腎数値が改善されると食欲、元気の回復がみられます。

3. 急性腎臓病

① 症状
急激に元気・食欲がなくなる、よく吐く、尿の量が少ない、尿が出ないなどがみられます。
② 好発犬種猫種
犬、猫ともにみられます。
③ 原因
細菌感染、ウイルス感染、尿路(尿道・尿管)が詰まる、腎炎、腫瘍、ブドウ(犬)、ユリ(猫)、NASIDs(炎症を止める薬)、重度の脱水、重度の心臓病などが原因で起こります。
④ 治療
原因に応じた治療を行います。それと同時に点滴、利尿剤(尿を増やす薬)で腎臓の血流量を増やします(心臓が原因の場合は点滴の量を増やしすぎないようにします)。慢性腎臓病と違い急性腎臓病は腎機能が完全に治る可能性があります。そのためには初期のしっかりとした治療が重要です。

4. 子宮蓄膿症

① 症状
外陰部からドロッとしたものがでる、水をよく飲む、尿の量が多い、元気がない、食欲がないなどがみられます。
② 好発犬種猫種
避妊をしていない中~高齢の雌犬でよくみられます。犬と比べるとめずらしいですが雌猫でみられることもあります。
③ 原因
卵巣からのホルモンのバランスがくずれ子宮の運動性と免疫力が低下して子宮の中に膿が貯まり、炎症が起こります。その炎症が体全体に広がっていき体調を崩します。
④ 治療
外科手術により卵巣と子宮を摘出するのが一般的です。内科治療(アグリプレストンなど)でも高確率で治りますが再発することも多いです。外科手術では手術自体を乗り切ることができれば再発は起こりません。

5. 腎炎

① 症状
水を飲む量が多い、尿の量が多い、痩せてきた、よく吐く、元気・食欲が落ちてきたなどがみられます。また尿検査で尿タンパクがよくみられます。
② 好発犬種猫種
犬でよくみられます。犬と比べると珍しいですが猫でもみられます。
③ 原因
代表的なものは腎盂腎炎と糸球体腎炎です。腎盂腎炎では細菌の感染(尿中からの感染が多い)が原因となり、糸球体腎炎では過剰な免疫による腎臓の破壊が原因となります。フィラリア、ウイルス(FeLV、FIV、FIP、アデノウイルス)なども糸球体腎炎の原因となります。
④ 治療
腎盂腎炎では適切な抗生剤を使用して細菌をやっつけます。同時に腎臓のケアのために点滴なども行います。適切な抗生剤により細菌がいなくなれば腎臓の状態が回復します。糸球体腎炎では原因が分かればその原因の治療を行います(わからないケースも多いです)。
一般的な治療は食事療法、腎臓の圧を下げてタンパク尿を減らす薬、高血圧があればその治療、血栓をできにくくする薬(糸球体腎炎では血栓ができやすくなります)を行います。免疫を抑える薬が必要となることもあります。治療がうまくいけば腎臓の炎症が治まり腎機能が長持ちします。

肝疾患

1. 胆管炎/胆管肝炎

① 症状
元気がない、食欲がない、吐く、下痢などの症状がみられます。重度になると目や皮膚が黄色くなる(黄疸)が見られます。炎症や胆石により胆嚢から小腸への管(総胆管)が詰まると急激に体調が悪化します。
② 好発犬種猫種
犬より猫でよくみられます。
③ 原因
細菌が原因となる場合(化膿性胆管炎/胆管肝炎)と過剰な免疫が原因がとなる場合(リンパ球性胆管炎/胆管肝炎)があります。猫では膵炎、腸炎が同時にみられることも多いです(三臓器炎、三徴症)。胆石が関わることもあります。
④ 治療
胆汁の流れや性質を改善し肝臓の保護作用もあるウルソデオキシコール酸、肝臓の栄養剤、水分・ミネラル補充のための点滴を使用します。細菌感染の場合は抗生剤も使います。過剰な免疫が関わる場合にはステロイドなどの免疫抑制剤も使用します。
肝臓の保護作用のあるシルマリンやSAMeなどのサプリメントを使用することもあります。胆石などで総胆管閉塞がある場合には外科手術が必要となります。治療により胆管、肝臓の状態が改善し体調が良くなります。

2. 中毒による肝障害

① 症状
急激な元気、食欲の低下がみられます。
② 好発犬種猫種
犬でも猫でもみられます。
③ 原因
キシリトール、金属(銅など)、自然毒(ソテツ、毒キノコ、カビ毒など)、化学薬品(ヒ素、タリウム、リンなど)が原因となります。
④ 治療
安静にして水分・ミネラル補充のための点滴、肝臓の栄養剤、抗酸化作用のあるビタミンC・ビタミンEを使用します。シルマリンやSAMeなどの肝臓保護作用のあるサプリメントも使用します。中毒物質が体からでていき、肝臓の状態が改善すれば体調が復活します。

3. 胆嚢粘液嚢腫

① 症状
元気がない、食欲がない、吐く、下痢などがみられます。重度になると目や皮膚が黄色くなる(黄疸)がみられます。胆嚢から小腸への管(総胆管)が閉塞したり、胆嚢が破裂すると急激に体調が悪化します。
② 好発犬種猫種
犬(シェルティー、コッカースパニエル、シュナウザーなど)でよく見られます。
③ 原因
胆汁がドロドロになり胆汁の流れが悪くなることにより胆嚢や胆管が炎症をおこします。重度になると胆管が詰まったり胆嚢が破裂することもあります。甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症が関わることもあります。
④ 治療
軽症では胆汁の流れや性質を改善するウルソデオキシコール酸や抗生剤を使用します。重度の場合は外科手術が必要となります。治療により胆嚢の状態が改善し体調がよくなります。

4. 慢性肝炎

① 症状
元気がない、食欲がない、吐く、下痢をする、お腹が張っている、よく水を飲む、尿が多いなどの症状がみられます。重度になると目や皮膚が黄色くなる(黄疸)がみられます。
② 好発犬種猫種
犬(ラブラドールレトリバー、ウェストハイランドテリア、ベドリントンテリア、プードル、コッカースパニエルなど)でよくみられます。
③ 原因
肝臓での銅の過剰な蓄積や肝臓への過剰な免疫が原因となります。
④ 治療
銅が関連している場合には銅を取り除く薬を使用して銅の少ない食事療法を行います。免疫が関連している場合にはステロイド、シクロスポリンなどの免疫抑制剤を使用します。抗酸化作用のあるビタミンC・ビタミンEを使用することもあります。治療により肝臓の状態が改善し体調が良くなります。

5. 脂肪肝(肝リピドーシス)

① 症状
元気がない、食欲がない、吐く、下痢などの症状がみられます。目や皮膚が黄色くなる(黄疸)もよくみられます。
② 好発犬種猫種
猫でみられます。
③ 原因
食欲が低下する病気が原因となり、体の中のタンパク質が不足して肝臓に脂肪が蓄積します。肝臓への脂肪の蓄積により肝機能が低下します。
④ 治療
タンパク質の補充のためにとにかく食べさせます。ただ普通に食事を与えても食べないので鼻や食道、胃にチューブを入れてそこから食事を流し込みます。吐き気止めや点滴も同時に行います。タンパク質が補充されれば肝臓の状態が改善され体調が復活します。

手術一覧ページも御覧ください