健康診断

病気の対策には早期発見、早期治療が効果的です。
medicalcheck_img_1

最近では獣医療の進歩により検査でいろいろな事が分かるようになってきました。
病気の対策には早期発見、早期治療が効果的です。
動物でも高齢(7~8歳以上)になってくると人間同様いろいろな病気になってしまう可能性が上がってきますので年に一度の健康診断をお奨めしております。
もちろん若い動物でも病気になってします可能性はありますので若いころから健康診断を行っておくとより病気への対処がしやすくなります。
medicalcheck_img_2

■健康診断セットA

触診、視診、聴診などの一般身体検査
+血液検査+尿検査

medicalcheck_img_3

■健康診断セットB

触診、視診、聴診などの一般身体検査
+血液検査+レントゲン検査(胸部、腹部)+尿検査

medicalcheck_img_4

■健康診断セットC

触診、視診、聴診などの一般身体検査
+エコー検査+血液検査+レントゲン検査(胸部、腹部)
+尿検査

*健康診断セットCではエコー検査を行うので半日預かりが必要となります
*血液検査の基本項目は
血糖値、ALT(肝臓)、ALP・GGT(胆嚢)、ビリルビン(黄疸の有無)、
BUN・CRE(腎臓)、カルシウム、リン、コレステロール、
ALB・GLOB(血液中のタンパク質)、ナトリウム、カリウム、
白血球数、白血球分類、赤血球数、血小板数 です

追加検査

動物の種類、年齢、性別によってなりやすい病気は変化しますので検査結果や状況に応じて追加測定をお奨めすることがあります。

甲状腺ホルモン測定 甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症の診断が行えます
コルチゾール測定 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)の診断が行えます。
SDMA
(対称性ジメチルアルギニン)
腎臓病の早期発見に役立ちます。
UPC
(尿タンパククレアチニン比)
尿中のタンパク質をしっかりと測定できます。
NT-proBNP(心房性
ナトリウム利尿ペプチド)
心筋の異常を見つけることができます。
FIV(猫エイズウイルス)、
FeLV(猫白血病ウイルス)検査
元々野良猫だったり、外出する猫ではこの病気にかかっている可能性があります。

詳しくはお気軽に当院までお問い合わせください。