病院に関する質問

  • Q.予約はできますか?
    A.

    月、火、水、金、土の15時~16時30分までは予約診察となります。
    (予約はお電話などでご連絡下さい:当日予約も可能です。)
    9時30分から12時30分、17時~20時までは今まで通り来院順となります。

  • Q.トリミングはありますか?
    A.

    申し訳ございません。トリミングは行っておりません。

  • Q.クレジットカードは使えますか?
    A.

    JCB、AMERICAN EXPRESS、VISA、MasterCard、Diners Club、Discoverが使用可能です。

  • Q.動物保険は使えますか?
    A.

    はい。アニコム、アイペットならば窓口での清算が可能です。それ以外の保険では請求に必要な書類をご持参下さい。

  • Q.駐車場はありますか?
    A.

    はい。病院の裏に1台、少し離れたところ(徒歩1~2分程度)に3台ございます。

診療に関する質問

  • Q.エキゾチックアニマルは診察できますか?
    A.

    ウサギ、フェレット、ハムスターは一般的な診察は行っております。専門的な診察、治療が必要な場合はエキゾチックが得意な病院を紹介させていただきます。
    鳥、爬虫類は申し訳ありませんが診察しておりません。

  • Q.往診はできますか?
    A.

    はい。診察日(日、祝除く)の13時~16時半の間に行っております。完全予約制ですので事前にお電話などでご予約下さい。
    ただ往診ではできることに限界がありますので、できる限り来院されることをお勧めします。

  • Q.うちの子は病院ですごく暴れて咬んだりするのですが診てもらえますか?
    A.

    大丈夫です。暴れたり咬んだりする子でもほとんどの場合診察、処置は可能です。ワンちゃんであれば外れないよう首輪をしっかり締めてもらい、口輪などをしてもらえるとスムーズに診察が行えます。
    猫ちゃんであれば洗濯ネットに入れて連れてきてもらえれば助かります。

  • Q.CT・MRIが必要な場合はどうするのですか?
    A.

    当院提携の画像センターを紹介させていただきます。

  • Q.混合ワクチンと狂犬病ワクチンは同時にできますか?
    A.

    いいえ。混合ワクチン→狂犬病ワクチンの順なら1か月、狂犬病ワクチン→混合ワクチンの順なら1週間程度間隔をあけた方が安全です。

  • Q.狂犬病ワクチンは打てますか?
    A.

    はい。集合注射と同じ値段で打つことが可能です。

  • Q.入院はできますか?
    A.

    はい。入院施設はございます。

  • Q.フィラリア検査は毎年必要ですか?
    A.

    はい。フィラリアの虫がいる状態でフィラリア薬を使うとアレルギー症状がでることがありますので毎年投薬を行う前に検査しておいた方が安全です。
    (一年中投薬を行っている場合は検査は必要ありません)

  • Q.フィラリアとは何ですか?
    A.

    フィラリアは蚊から感染する寄生虫です。感染すると最終的には心臓に寄生して心臓病になり急死する可能性があります。
    月1回の投薬でほぼ確実に予防することができます。

  • Q.爪切りや肛門のう絞りだけでもやってもらえますか?
    A.

    はい。大丈夫です。

  • Q.健康診断はできますか?
    A.

    はい。行っております。
    簡単な触診、視診、聴診の範囲から血液検査、尿検査、レントゲン検査、超音波検査までいろいろなレベルで行っております。

  • Q.避妊手術のメリット、デメリット
    A.

    <メリット>
    ○子宮や卵巣の病気を予防できる
    ○乳腺の腫瘍の発生率を下げることができる
    ○発情によるストレスがなくなる

    <デメリット>
    ○全身麻酔が必要である
    ○太りやすくなる
    ○ごくまれに術後にホルモンが不足することにより尿漏れが発生することがある(犬)

  • Q.去勢手術のメリット、デメリットを教えて下さい
    A.

    <メリット> 
    ○将来的に前立腺疾患、肛門周囲腺腫(肛門の周辺にできる腫瘍)、会陰ヘルニア(膀胱や腸が下半身の会陰と呼ばれる場所から飛び出る病気)などの病気の発生率を減らすことができる
    ○精巣の病気を予防できる
    ○気性の激しい動物の性格が穏やかになる可能性がある
    ○マーキング、スプレー行動の発生率が下がる

    <デメリット>
    ○太りやすくなる
    ○全身麻酔が必要である
    ○ごくまれに手術後にホルモンが不足することにより尿漏れが発生することがある(犬)

  • Q.去勢、避妊手術はいつからできますか?
    A.

    当院では約6か月から去勢、避妊手術を行っております。完全予約制となっておりますので事前にお電話などでご予約下さい。
    全身麻酔が必要ですので交配、出産を望まないのであれば麻酔のリスクの少ない若い時期での手術をお勧めしています。